その他の作品 ザ・マペッツ&ジム・ヘンソン関連作品リスト

Earth to Ned/宇宙人ネッドのトークショー(2020年)

作品情報

原題Earth to Ned
邦題宇宙人ネッドのトークショー
シリーズ・ブランドその他
カテゴリーテレビシリーズ(バラエティ)
概要 2020年 / シーズン1・全10エピソード。
地球侵略のために派遣されてきたエイリアンのNedたち。地球の文化に惚れ込んでしまった彼らは興味を持ったジャンルに関するゲストを宇宙船に招待、深夜トークショー形式でインタビューをする。Disney+(ディズニープラス)オリジナル作品。
映像ソフト・配信 *1
北米:Disney+
日本:ディズニープラス
国内放送歴など/日本語吹替 *2 吹替あり
関連ブログ記事

Earth to Ned/宇宙人ネッドのトークショー | Muppamiroh

参考リンク

配信ページ:宇宙人ネッドのトークショーの動画|Disney+ (ディズニープラス)

Earth to Ned Media Kit
Earth to Ned – Muppet Wiki

*1)北米Blu-rayは日本国内向け再生機器で視聴可・北米DVDは基本不可。北米配信は基本日本国内視聴不可。配信は終了している場合あり。LDおよびVHSについては記載していない場合あり。
*2)放送素材、吹替素材が現存しないもの含む。

エピソードリスト

シーズン1

※エピソード番号順。日本の配信順とは一部異なっています。

Ep1/第1話 Late Night Ned/ネッド、トークショーを始める
Ep2/第9話 Laugh Your Ned Off/コメディーの世界
Ep3/第7話 I’ve Got a Ned Feeling About This/憧れのスターウォーズ
Ep4/第4話 Night of the Living Ned/ナイト・オブ・ザ・リビング・ネッド
Ep5/第2話 A Ned’s Best Friend/ネッドの初めてのペット
Ep6/第6話 @NedFromTV/@テレビのネッド
Ep7/第3話 The Ned-aissance/芸術の謎
Ep8/第5話 Nothin’ but Ned/ネッドのスポーツ教室
Ep9/第8話 You Better Work, Ned!/働きなさい、ネッド!
Ep10/第10話 Ned: The Musical/ネッド・ザ・ミュージカル

キャラクター紹介

Ned/ネッド

侵略のため派遣されてきたエイリアン。地球の文化に魅せられてしまい、侵略を休止。地中に潜ませた宇宙船のブリッジにゲストを「転送」しつつ、トークショーをやっている。父親である提督とはあまり折り合いがよくないらしい。身体は青く、腕が4本ある。ネッドは地球上での名前で、本名はほとんどの地球人にはうまく発音できない。

Cornelius/コーネリアス

ネッドの部下で別種のエイリアン。彼も地球の文化に魅せられ、共に調査をしている。立場は弱め。身体は茶色で突起がたくさんある。ネッドよりは小柄で、全身も登場する。

BETI/ベティ

宇宙船に搭載されている人工知能。映像として人間の女性の顔で現れ、地球の文化について彼らに教えている。ゲストなどの転送も行っている。口はあまりよくなく、ネッドに対してもはっきりとした物言いをする。

クロッド/CLODs

Cloned Living Organisms of Destructionの略で、宇宙船の雑用などをしている小さな生物。喋れないがそれなりに知能はあるらしい。突然噛むことがある。

ベティ以外のキャラクターはCGではなくパペットで、ゲストと同じ空間で即興でトークをしている。複数のパペティアが担当し、ネッドやコーネリアスの表情などにアニマトロニクスを使っている。

記事一覧

その他の作品
Earth to Ned/宇宙人ネッドのトークショー(2020年)
その他の作品
Disney+(ディズニープラス) “Earth to Ned/宇宙人ネッドのトークショー” 日本では2020年9月11日より全話一括配信
2020.09.09
その他の作品
ジム・ヘンソン・カンパニーのパペットによるトークショー番組 “Earth to Ned” Disney+で配信(随時更新)
2020.11.04
※文中のリンク、動画は期限切れになっている場合があります。
※コメント欄は廃止しました。ご意見・お問い合わせはこちら
Muppamiroh
タイトルとURLをコピーしました