『ジム・ヘンソン:アイディアマン』Disney+で配信中!
その他の作品

『Earth to Ned/宇宙人ネッドのトークショー』メイキングがDisney+で公開中

この記事は、最終更新日または投稿日から3年以上経過しています。内容が古くなっている可能性があります。

Disney+で配信中のオリジナル作品『Earth to Ned/宇宙人ネッドのトークショー』
2021年1月にシーズン1(全20話)が配信されていますが、同番組のメイキングが『ディズニーの舞台裏/Disney Insider』第7話にて公開されています。

メイキングの内容

!/series/detailed/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%81%AE%E8%88%9E%E5%8F%B0%E8%A3%8F/413598

『ディズニーの舞台裏/Disney Insider』第7話は23分あり、前半の約8分までが『Earth to Ned/宇宙人ネッドのトークショー』の内容です。エグゼクティブ・プロデューサーであるブライアン・ヘンソンがロサンゼルスにあるジム・ヘンソン・スタジオの中と撮影の様子、オフィスを紹介しています。

スタジオ内の紹介ではチャップリン・スタジオの名残と、ジム・ヘンソンから引き継いだオフィスを見ることが出来ます。撮影の様子ではネッドおよびコーネリアスやクロッドたちをどう動かしているか、ベティは合成なのかどうか、またネッドの複雑な表情の仕組みが見られます。メカニカルなものであっても練習を重ねて表情を作っていることがわかり、まさに職人芸です。短い時間ですが十分な内容かと思います。

2021/5/28追記 Unreal Engineの公式サイトでCGのメイキング記事が公開されています。

Unreal Engineの公式サイトに『Earth to Ned/宇宙人ネッドのトークショー』メイキングが掲載

ジム・ヘンソン・スタジオについて

ジム・ヘンソン・スタジオ(ジム・ヘンソン・カンパニー)があるエリアは元々チャーリー・チャップリンのスタジオで、入り口にはチャップリンに扮したカーミットの像があります。数々の作品のほか、映画 『The Muppets/ザ・マペッツ(2011年)』ではマペット・スタジオとして登場しています。
参考Charlie Chaplin Studios | Muppet Wiki | Fandom / Jim Henson Company Lot – Wikipedia

ザ・ジム・ヘンソン・カンパニー · 1416 N La Brea Ave, Los Angeles, CA 90028 アメリカ合衆国

『Earth to Ned/宇宙人ネッドのトークショー』作品紹介ページはこちら

Earth to Ned/宇宙人ネッドのトークショー(2020年)

※当サイトからリンクされた外部サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。リンク先の内容や著作権については管理外のため、当方では責任を負いかねます。リンク先の利用はご自身の責任でお願いいたします。また、リンク先のWebページや動画が既に削除されている場合があります。詳細:免責事項
※当サイトは、記事に関連する商品の引用、紹介などに広告サービスを利用しています。詳細:スポンサー、広告について
※サイト内の画像・文章・動画等の無断転載を一切禁止いたします。
※ご意見・お問い合わせはこちら
プロフィール
pamiroh_pamiroh_
特撮/怪獣/マペッツが好きです。マペッツについての情報をブログに書いたり呟いたりしています。
このサイトについて・Twitter:@Muppamiroh(マペッツ関連情報)@pamiroh_(個人)
シェアする
Muppamirohをフォロー
タイトルとURLをコピーしました