『ジム・ヘンソン:アイディアマン』Disney+で配信中!
イベント・ショー

野外ライブステージ The Muppets take The O2 特集(3)ステージ後半

この記事は、最終更新日または投稿日から5年以上経過しています。内容が古くなっている可能性があります。

2018年7月、ロンドンのThe O2アリーナで行われたThe Muppets take The O2とはどんなイベントだったのか、野外ライブステージ The Muppets take The O2 特集(1)開催概要、関連記事野外ライブステージ The Muppets take The O2 特集(2)ステージ前半に続いて紹介していきたいと思います。

執筆にあたり、Muppet Wikiの記事(The Muppets Take the O2 | Muppet Wiki | FANDOM powered by Wikia)、ネット上にあがっている数々の動画を参考にさせていただいてます。mojagoさんにも情報提供いただきました。ありがとうございます。

ステージ(後半)

詳細な内容。2017年ハリウッド公演The Muppets Take the Bowlにかなり近い構成です。
以降、上記公演の記事を元に演目順に掲載していきます。なお、※マークでハリウッド公演からの主な変更点を示しています。
動画は主にハリウッド公演ステージ後半の記事と被らない部分を掲載します。


後半スタート前にChip登場 
※動画未確認。追加ネタ?
スタトラー&ウォルドーフのコメント。


“Bohemian Rhapsody” (1975年、Queen)のライブ版。2009年に制作されたMVからアレンジされてます(登場キャラクターなど)。ギャグは大体一緒。(参考 Bohemian Rhapsody | Muppet Music Video | The Muppets – YouTube


舞台裏から、ニュースマンによる速報などショートコント的な映像コーナー。
※ボーレガードの後にリュー・ジーランドがブーメランフィッシュ目線の「魚眼レンズ」を披露するコーナー追加。


超マペッツファンのため、ずっと出ていなかったマペットキャラの大行進というサービス。以下、順番に紹介します。キャラ名のリンク先はMuppetwikiです。
Nigel…マペットショーに出ていた指揮者。
Happy Yellow Creature…マペットショーの名スケッチHugga Wuggaに出てきた黄色いクリーチャー。ザ・マペッツ2でコンスタンチンの歌で”Thingy-Thing”と言われていた癒やしキャラ。
Beautiful Day Monster…マペットショー以前からいる古参マペット。セサミストリートにも出ていた時期があります。最近の作品にもモブ扱いで出てます。
Old Tom…マペットの宝島に出ていた爺さん海賊。映画ではReal Old Tom(さらに爺さんのトム)、Dead Tom(白骨死体のトム)というキャラもいました。
Crazy Harry…爆破大好きキャラ。ザ・マペッツなどにも出ています。※
Miss Poogy…ザ・マペッツ/ザ・マペッツ2に出ていた偽ピギー。※
Pops…マペットショーでステージの裏方にいた爺さん。最近の作品にもモブ扱いで出てます。
Marvin Suggs…Muppaphoneというマペット楽器?を叩く音楽家。最近の作品にもモブ扱いで出てます。※
以上です。※は今回追加、変更になったキャラです。
続いてピギーが自分の出番について抗議しに来て空手チョップをお見舞い。
“The Blue Danube(美しく青きドナウ)” で踊るオバケ(BlueとBooをかけてます)。


Dr.ブンゼンとビーカー登場。新技術のプレゼンで、クラウドに送り込まれるビーカー。


ロルフの弾き語り”Maybe It’s Because I’m a Londoner.”(Hubert Greggの曲、1947年ごろ)
後半には仲間の犬たちが追加。マペットショーでも犬たちが歌っていました。
※追加ネタ


フォジーが2分間ジョーク数の記録に挑戦。舞台裏のフォジーが映し出されますが、トラブルに巻き込まれたりして、ワードローブから謎の空間へ。コメディアンのCraig Lowが扮する半獣のキャラクターに遭遇(ナルニア国物語ネタ)。
※ハリウッド公演ではJimmy Kimmelの番組に迷い込んでいました。
失敗に落ち込むフォジーをなぐさめた司会のボブ、一緒にスケッチをやることに。


スタトラー&ウォルドーフのコメント。


カーミットとスクーターの元にサッカーボールが泣きながら現れます。
※ワールドカップ関連でネタ変更。


スウェーディッシュシェフのクッキング。
※ネタ(料理)変更。また、公演によって出演するゲストが変わっています。

13日はKevin Bishopがゲスト。マペットの宝島に子役として出演しており、22年ぶりの共演として話題に。(参考 Muppet Treasure Island/マペットの宝島(1996年) | PAMI-roh)こちらはゲストが聞き役という感じです。

14日はコメディアンのAdam Hillsがゲスト。こちらは積極的に絡んでいます。


ウェインとワンダのデュエット再び。曲目は ”(Sittin’ On) The Dock of the Bay”(1968年)。やはり妨害される。


ピギーがこの後やる予定のパフォーマンスについてインタビューを受けていたところ、デッドリーが割り込んでくる。
インタビュアーの “The Daily Scandal” はマペットショーに出てきたネタ。
※元はスウェーディッシュシェフのネタより前に入っていました。


ゴンゾによるスタント…ではなくてイリュージョン。
※ネタ部分変更


マナマナ。
※映像コーナーがなくなり、ゲスト登壇に変更。

13日は歌手・俳優のKylie Minogueがゲスト。

14日は本公演の司会、Bobby Moynihanが参加。


デッドリーの紹介からようやくミス・ピギーのステージ開始。曲目はAdeleの “Hello” で、以前ピギー主演のMVも公開されてました。(動画が見づらいのでいいのあったら差し替えます)
リハーサルをサボったためステージ上で翻弄されるピギー。文楽のような2人がかりの操演から離れ業までダイナミックなダンス?が見られます。


時間かせぎしようとするスクーターとボーボーのやりとりに続き、
言わずと知れた”The Rainbow Connection” と、映画The Muppet Movie/マペットの夢見るハリウッド(1979年)の “The Magic Store” をみんなで歌います。
※13日、14日とも当日のゲストたちが登場しています。ハリウッド公演はこの後に花火がありました。


アンコールはThe Beatlesの “With a Little Help from My Friends(1967年)”
最後にはマペットパフォーマーも出演者として紹介されています。
※映像変更。フォジーが落としていったネタ帳を読む役がCraig Lowに変更。


こちらも合わせてどうぞ。

複数動画をまとめたフルバージョン
The Muppets Take The O2 – Full Show – YouTube

ステージ最前列に近い席から取られたまとめ動画
The Muppets Take the O2 – YouTube


ハリウッド公演では背後にオーケストラがおり、指揮者もネタに絡んだりしていました。またフィナーレの花火もウリでした。
ロンドン公演は大まかな流れは同じですが、オーケストラと花火がない代わりにゲストが増え、ネタを入れ替えたりしています。

まさか2年連続でこのような豪華なステージイベントが開催されるとは思っていませんでした。マペッツとして実写の映像作品はほぼ休止状態ですが、今後新作の予定もあるようです。その前にこれらの公演も映像化されると良いですね。

関連記事一覧→こちら

※当サイトからリンクされた外部サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。リンク先の内容や著作権については管理外のため、当方では責任を負いかねます。リンク先の利用はご自身の責任でお願いいたします。また、リンク先のWebページや動画が既に削除されている場合があります。詳細:免責事項
※当サイトは、記事に関連する商品の引用、紹介などに広告サービスを利用しています。詳細:スポンサー、広告について
※サイト内の画像・文章・動画等の無断転載を一切禁止いたします。
※ご意見・お問い合わせはこちら
プロフィール
pamiroh_pamiroh_
特撮/怪獣/マペッツが好きです。マペッツについての情報をブログに書いたり呟いたりしています。
このサイトについて・Twitter:@Muppamiroh(マペッツ関連情報)@pamiroh_(個人)
シェアする
Muppamirohをフォロー
タイトルとURLをコピーしました