その他の作品

Unreal Engineの公式サイトに『Earth to Ned/宇宙人ネッドのトークショー』メイキングが掲載

Disney+で配信中のオリジナル作品『Earth to Ned/宇宙人ネッドのトークショー』
同番組のメイキングがUnreal Engineの公式サイトで公開されています。

パペットとリアルタイムCGの融合

‘Earth to Ned’ uses real-time digital puppetry for final-pixel TV | Spotlight | Unreal Engine
Jim Henson Company が宇宙人ネッドのトークショーでデジタルのパペットをリアルタイムで操り、テレビ放送レベルの品質を実現
パペットエンターテインメントの代表的な会社が、デジタルのパペットをライブセットで使い、最終出力をその場で行っています。

Epic GamesのゲームエンジンUnreal Engineは現在ゲームだけでなく映像分野でも広く使われています。公式サイトおよび動画ではジム・ヘンソン・カンパニーにおけるコンピューターグラフィックス(CG)活用の歴史と、『Earth to Ned/宇宙人ネッドのトークショー』での例を紹介しています。

番組内ではパペットとアニマトロニクスで制作されたネッドとコーネリアス、クロッドが実際にゲストとトークをしているのですが、CGキャラクターである人工知能ベティもパペティアが操作するCG映像をセット内でリアルタイム表示させています。セットでは平面上に映し出されますが、カメラ位置と連動しパララックス(視差効果)で立体的に見せています。(動画参照)

For Your Consideration: Ned! | Earth to Ned

なお、Disney+『ディズニーの舞台裏/Disney Insider』でも同作品のメイキングを見ることができます。

『Earth to Ned/宇宙人ネッドのトークショー』メイキングがDisney+で公開中

ジム・ヘンソン・カンパニーにおけるCG活用について

Unreal Engineの記事や動画で説明されているように、ジム・ヘンソン・カンパニーは1994年から本格的にCGの活用を始めていますが、ジム・ヘンソン存命時の1989年には既にパペティアの動きをCGキャラクターに反映させる試みがされています。下記動画に登場しているWaldo C. Graphicの活躍は、ディズニーパークのアトラクション『Muppet*Vision 3D/マペットビジョン3D』で見ることができます。

Waldo – The Jim Henson Hour – The Jim Henson Company

その後もパフォーマンスキャプチャーと組み合わせたアニメーション作品などが作られ、現在に続いています。


『Earth to Ned/宇宙人ネッドのトークショー』作品紹介ページはこちら

Earth to Ned/宇宙人ネッドのトークショー(2020年)

※文中のリンク、動画は期限切れになっている場合があります。
※コメント欄は廃止しました。ご意見・お問い合わせはこちら
Muppamiroh
タイトルとURLをコピーしました